多温度帯配送車とGPS運行、EOS(電子発注システム)をご紹介します。

日本栄養食品株式会社

食の安心・安全

多温度帯配送車・GPS運行・EOS

  • HOME
  • >
  • 食の安心・安全:多温度帯配送車・GPS運行

食品に優しい多温度帯配送車

配送車と提携先により全道を網羅

食材には、各々の鮮度を維持するための適温があります。異なる温度帯を一台で管理し、様々な食材を同時に配送可能な車両が多温度帯配送車。
温度センサーを設置し、ドアの開閉ごとに検温・記録するとともに、荷室内の温度をリアルタイムで監視し、異常情報は白石センターへ送信されます。
当社所有の配送車と提携先により全道を網羅しています。一般配送は多温度帯配送車が担っています。

食品に優しい多温度帯配送車

GPS運行管理システム

当社独自の「GPS運行管理システム」

すべての多温度帯配送車にGPS(全地球測位システム)を設置することで、配送車の位置情報・走行情報・作業状況などをリアルタイムで把握。
当社独自の「GPS運行管理システム」により、安全運行と正確・迅速な配送を目指しています。これによりほぼ道内全域への配送が可能となり、
不測の事態が起きた際でもスピーディな対応を実現しています。
なおスピードや急発進/急ブレーキなどの運転情報は毎月、社内公表することで、安全意識を喚起するよう努めています。

GPS運行管理システム

管理栄養士・システム専任者を配したEOS

食に関するすべてをご提供可能

EOSとはElectronic Ordering Systemの略称で、電子発注システムを指します。当社では管理栄養士・システム専任者を配し、受発注のEOS化を推進しており、乳幼児から高齢者までのメニュー開発や、介護や医療現場における流動食提案に至るまで、食に関するすべてをご提供可能です。

管理栄養士・システム専任者を配したEOS
PAGE TOP

社員専用リンク

copyright © 2006 NES All right reserved.