Recruit Project

採用情報

Entry エントリー
01

「部署を超えた一体感があり、
自然に成長できる環境です」

入社2年目 | 社員の声

Satomi Uemura

植村 理未

2017年4月入社 / 第1営業部

Episode 01
「食」を通してお役に立ちたい
小さなころ、パティシェになりたかったほど「食」に興味があり、大学では栄養学を専攻しました。栄養士の仕事は献立を作るだけではなく、調理場との連携など日々の業務に追われているとわかり、少しでも現場の栄養士さまのお役に立ちたいと入社しました。いまは、札幌市中央区の小中学校、保育園、病院など約80施設を担当。お客さまのご要望に応える食材、その時期だけの季節商品などをご提案しています。
Episode 02
お客さまからの言葉に
幸せをいただいています
仕事に少しずつ慣れるとともに、お客さまからうれしいお言葉をいただく機会も増えました。たとえば保育園に行事食をご提供して「いつもとは違う特別なデザートに子どもたちが大喜びでした」とか、調理済みのエビチリセットに「時短できて助かります」と言っていただけると、とても幸せです。これからも、より多くのお客さまにきちんと対応できるように、仕事のスピードアップを目標にしています。
Episode 03
安心して挑戦できる職場です
当社は、1件のお客さまを直接の担当者はもちろん各部署が連携して会社全体で支えています。困ったことがあれば、上司や先輩たちがすぐにサポートしてくれるので心強く、安心して挑戦できます。気張りすぎることなく自分のペースで取り組んでいるうちに、自然に成長しているのを実感できる環境。食べること、人と話すことが好きな人であれば、仕事がどんどんおもしろくなると思います。一緒に頑張りましょう!
02

「めざすは100億円企業!
しっかり貢献できるよう
自分を磨きつづけます」

入社5年目 | 社員の声

Syota Miyake

三宅 翔太

2014年4月入社 / 第2営業部

Episode 01
「すべて任せたい」と言われ、
やりがいを実感
学校、病院、介護老人保健施設などのルート営業が主な仕事です。お客さまのご希望をお聞きして商品をご提案する他、献立ソフトや献立の有料サービスもご案内しています。高齢者さまや患者さまには口にできない食材も多く、限られた商品の中から選ぶのは少々苦労もありますが、「おいしかった」と喜んでいただけるとうれしいです。「日栄さんにすべて任せたい」と言っていただいたときも、この仕事の大きなやりがいを感じました。
Episode 02
広い視野・知識を吸収して
信頼関係を構築しています
私は、お客さまとのコミュニケーションを何よりも大切にしています。商品についてのご説明はもちろんですが、より信頼していただくためには世の中の幅広い知識や視野が必要です。何げない雑談の中から本当に求められていることを把握できる場合もあります。日頃からビジネス誌に目を通すなど自分自身の知識・人間性を磨きながらお客さまのお役に立ち、「100億円企業」という当社の目標にしっかり貢献していきたいです。
Episode 03
息子に尊敬されるような
仕事をしたい
学生時代は、人としての基礎力のようなものを身につける時期だと思います。一生懸命勉強し、友人との時間、親孝行も大事にしてください。当社は、部下や仲間への思いやりにあふれた社風です。日栄が長年育んできた信頼や先輩たちにしっかり見守られながら、新しい経験をたくさん積み重ねられるでしょう。私自身、お客さまや社内みんなのために力を尽くし、成長した息子に尊敬されるような仕事を残していきます。
03

「お客さまからの信頼が
厚い会社で
思いきり自分の
可能性を広げてほしい」

入社9年目 | 社員の声

Shinji Sugiyama

杉山 伸爾

2009年4月入社 / 第2営業部 / 部長

Episode 01
日栄の社員として誇りを
感じています
いまは、部長として第2営業部全体の管理を担っています。入社後初めてお客さまのところへ伺ったとき、私は手が震えるほど緊張していたのですが「これからも頑張って!」と優しく声をかけていただきました。それだけ「日栄の社員」を信頼してくださっているとわかり、65年以上という長期にわたり当社が培ってきた確かな実績に対してあらためて誇りを感じたのを、いまでもよく覚えています。
Episode 02
子どもたちの「おいしい!」が
何よりうれしい
私の2人の子どもが通っている幼稚園にも食材を卸しているので、お父さんの仕事は「給食を届けること」と説明しています。子どもたちが「すごいね!」と喜んでくれるし、給食がおいしいと言ってくれるとそれだけでうれしいです。親戚の子どもにも「給食で何が好き?」とつい聞いてしまいます。子どもたちに給食を楽しみにしてもらうために、親としての視点も活かしながら食材・商品選び、献立ソフトの販促等に努めています。
Episode 03
新入社員も積極的に
発信してほしい
各部署のスタッフ、役員がワンフロアに机を並べ、社長が社員へ気さくに声をかけるなど、風通しのいい職場だと感じています。時代とともに新しい考え方も取り入れていかなければいけないと思いますので、新入社員の方にもどうしたらいい会社になるか積極的に考え、発信してほしいですね。まずは、元気にあいさつ! 気持ちのいい対応を心がけ、挑む気持ちを大切に自身の可能性をどこまでも広げてください。